メラノサイト

表皮の基底層にあるメラニン生成細胞のこと。紫外線を浴びると、メラノサイトが活性化してメラニン色素を生成する。強い紫外線を浴び続けると活性型のメラノサイト自体の数も増殖し、その結果メラニン色素が過剰に発生する。

メラニン

皮膚が紫外線を吸収するとメラニンができる。メラニンの本来の機能は、紫外線が真皮に到達するのを防いで、正常な細胞を紫外線から守る働きをしている。ところが紫外線が強すぎるとメラニンが過剰に発生し、シミやソバカスの原因になってしまう。

目頭切開

日本人に比較的多いとされている蒙古ヒダを取り除くことによって目を大きくみせる手術のこと。蒙古ひだとは、目頭のところに上まぶたの皮膚がかぶさっている部分のことをさす。W法とZ法とがある。目頭切開は傷跡が残り、目立つ傾向があるので、医師から十分に説明を聞いて手術をするようにしたい。

メソセラピー

「切らない」「メスを使用しない」「痛みが少ない」ことが特徴の注射治療法。少量の治療薬液をメソガンという注射器で皮膚と皮下層に注射する。

メディカルエステ

医学的見地から美容に携わり、医師が管理するクリニックの併設エステ施設のこと。エステで行う脱毛やピーリングがさまざまな問題をおこしているが、こうした危険を回避するために、単にエステ効果を期待するだけの場合でも、専門的な医師の指導により行うことを目的とした施設で受けるエステ。

目尻切開

ツリ目、垂れ目、目を大きくしたいなど、目元の印象を変えたいときに、個々人の目の形や顔のバランスに合わせ行われる美容整形施術。

マンモグラフィ

乳癌検査のための専用のX線撮影検査のこと。乳房を挟んでX線写真をとるが、被爆量はごくわずかで、自然界で受けるものと同程度である。

埋没法

皮膚を切ることなく、簡単に二重にする方法。髪の毛よりも細い、医療用のナイロンの糸を、まぶたの内側に埋め込んで、筋肉と結びつけて、二重のラインをつくる。クイック法ともいわれるように、手術は10分程度で終了する。切開法とは違い、やり直しをすることができる。

クリニック特集

【掲載店募集中】クリニック特集ページで貴クリニックを紹介しませんか。
<サンプル>全ての女性が輝けるように。美人女医が女性の目線で診療する女性のボディデザイン専門クリニック、ビンクル美容クリニック東京から、備印久留子先生をインタビュー!

詳細はこちら »

全国のクリニック検索